車両保険とは、自動車を補償するための自動車保険です。
自動車事故によって自身の車が破損した際に補償されます。あくまでも自分の車への補償ですので、契約していなくても他人に迷惑がかかるようなことはありません。つまり、必ずしも契約する必要はない保険ということですね。
とはいえ、いらないというわけではないので注意しましょう。例えば安く買った中古車が破損した場合は修理するよりもそのまま廃車にしてしまった方がお得なケースもあるので、この場合は契約しなくても構わないでしょう。しかし、高級車やローンが残っている新車だと修理をしたほうがいいですし、その修理代も高くついてしまうので契約しておくことがおすすめされます。
ただ補償を付ければ保険料が割高になってしまうため、保険料を抑えて契約することを考えることが大切です。
そのために補償範囲を限定する及び免責金額を高く設定することで保険料が安く抑えられます。
補償範囲は一般型、エコノミー型、限定A型、エコノミー+限定A型に分けられ、それぞれ補償できる範囲が異なるため、自身のカーライフに合わせた範囲を選択してください。
また、免責金額は自身で負担する金額ですので、免責額を高く設定することで保険会社の負担が抑えられることになり、結果、保険料を抑えられます。