» 2014 » 8月のブログ記事

自動車事故による相手への賠償は、自動車保険に加入している被保険者自らが保険会社に連絡を取って手続きをしてもらい、被害者へ賠償するというのが基本的な流れです。これを加害者請求と言います。
しかし、加害者が自動車保険に加入していなかった場合は被害者は補償されないということになってしまいます。これでは自動車保険の本来の目的である被害者救済は達成できません。
そこでこういったケースでは、被害者が自ら直接保険会社に連絡をとって補償してもらうことができる制度があるのです。これを被害者請求と言います。
これを行うと、加害者を通さなくても自賠責保険の範囲内で補償を受けられるようになります。その範囲とは、怪我の場合は120万円まで、後遺症が残った場合は4000万円まで、死亡した場合は3000万円までとなっています。
また、保険金を受け取る前に治療やら何やらでお金がかかる場合もありますが、このお金がないという場合でも当面の治療費や生活費などを補うための仮渡金を受け取ることができるので安心です。
自分が怪我をし、加害者が誠実な対応をしてくれない場合は早急に自身で対応しましょう。請求方法など詳しくは保険会社で訪ねてみてください。

皆さんは自動車保険に加入されていますか、また加入されている方でも事故を起こした場合、どのようにして被害者に対して接しているか、賠償金が支払われているかを御存知でしょうか。今や、自動車は日本国内に溢れ、一家に一台の自家用車を持つことが半ば当たり前になっています。それに伴い、駐車場不足、交通渋滞、そして交通事故を引き起こす原因を作っています。交通事故は自分だけが気をつけていても相手から受ける事故もあることから、自動車の任意保険に入ることはほぼ必須事項となっています。しかしながら、実際に加害者が事故を起こした場合、どのようなプロセスで過失割合が決まり、賠償金を支払っているのかを知らない方が殆どです。現在、保険会社の多くは示談交渉サービスというものをオプションでつけており、事故を起こした加害者が直接、被害を受けた方々と交渉することを避けさせ、代行で交渉するようにしています。感情論と損得論が先行しどうしても冷静な話し合いが出来ないケースが多いからです。基本的に賠償額は示談であれば、警察の現場検証と客観的に見た状況証拠、タイヤ痕、双方の言い分を元に過失割合を決めることがあります。またその過失割合に基づき賠償額が決定されるのです。

皆さんは自動車保険に加入されていますか、また加入されている方でも自動車保険についてどこまで御存知でしょうか。意外と知られていないサービス、加入していれば当たり前のようについてくると思われているサービスがあります。その一つが示談交渉サービスです。任意保険に入っていれば事故を起こしてしまった場合の被害者との示談交渉は保険会社の外交員が行ってくれる、そのように考えている方が多いのですが、実はこちらはオプションサービスによりしっかりとオプション料金が取られているのです。示談交渉は加害者が直接、被害者と行うと感情論や損得論が先行してしまうためどうしてもうまくいかないケースが殆どです。その代わりに専門知識と冷静さを兼ね備えた専門の外交員に代行を依頼するといったものです。またもう一つ知られていないのがケガに対する補償です。加害者が過失により自動車をぶつけ、同じ自動車運転者、バイク、軽車両、歩行者などに何らかのケガを負わせてしまった場合、過失割合によって自身の損傷、相手側の損傷に対する補償額が変わってくるというものです。つまりは、過失が悪質なもの、信号無視や飲酒運転などになった場合、被害者側への補償を優先し加害者側に対する補償がない、または減額されるというものです。

あなたは自動車保険に加入されていますか。既に日本では一家に一台の車を持つ時代となりその結果、交通渋滞や交通事故を引き起こす原因にもなっていると言われています。そのため、もはや自動車保険は自賠責保険と同様に任意で加入するのが半ば必然、常識となっています。ドライバー自身にとっても、もしも人身事故を引き起こした場合、その事故対応に追われることを考えると任意保険へ加入した方が得策であると言えます。まず自動車事故を起こした場合、それが物損であっても、人身であっても補償をしなければなりません。物損の場合は金額の問題で済むことが大変ですが、人身の場合は被害者の治療や今後の影響などを総合的に考慮して補償をしていかなければなりません。もしも被害者が死亡するようなことがあれば、行政処分に加えて刑事処分も必要となり、交通刑務所に送られます。それと同時に遺族に対する損害賠償や慰謝料も必要になるため、費用面の補償だけでも大変な負担となります。たとえ示談で済む問題であっても加害者が被害者と直接示談交渉をするのは大変難しく、感情論、損得論が交錯し上手く行かないことが多いです。そのため保険会社の示談交渉サービスを利用することをお勧めします。

車両保険の免責って?

| 未分類 |

車両保険の免責金額とは、保険会社から見たときに保険金の支払いを免除できる範囲のことです。つまり言い換えれば、車両保険を使った補償が必要な時に契約者が自己負担する金額ということになります。
例えば自己負担額を10万円に設定していれば、事故により車両保険を使う際の10万円分を自ら負担しなくてはなりません。修理代が30万円かかる場合、うち10万円分の修理代は自身で出して、残り20万円の修理代は保険会社に負担してもらうというシステムです。
もちろん自己負担は一切したくないという場合には負担額0円で契約しても構わないのですが、その場合は車両保険の保険料に響いてくることになります。また、自動車同士の事故なら過失に応じて相手の自動車保険からも修理代が負担されるため、それを踏まえて自己負担額をいくらかでも設定しておいた方がコストパフォーマンスの面からみてもいいでしょう。
そうは言っても負担は痛いな・・・と感じる人もいるでしょうが、実は修理代によっては保険を使うよりも自己負担したほうがお得になるケースもあるんです。というのも、車両保険を使ってしまうと3等級ダウンするため、翌年の保険料が割高になってしまいます。よって車両保険は状況に応じて使うのが好ましいとされます。

自動車保険における車両保険にかかる保険料は割高となっているので、場合によっては車両保険を切り捨てるしかないとされます。
そもそも車両保険とは、自動車が事故による破損した場合に車の修理代として使われる保険です。自身の車につかえる保険ですので、修理代を実費で支払えるという場合は必ずしも必要ではありません。よって切り捨てられることもあるわけですね。
ただ、乗り捨てできるような車なら兎も角、高級車や新車だと破損状態によっては修理代が高くついてしまうため加入しておいた方がいいとされます。そこで、車両保険の料金を抑えて契約するようにしましょう。
車両保険には補償できるランクがあり、大別すると一般型車両保険とエコノミー型車両保険があります。簡単に説明すれば一般型の方が補償内容が充実しているため様々な事故による破損に対応できるので、運転初心者や当て逃げなどのリスクが怖い方は一般型への加入が奨められています。また、加入割合を見ても一般型車両保険のほうが契約数が多いようですが、もちろん補償が充実しているほど車両保険の料金は高くなるため、それを踏まえて検討するようにしてください。後は、免責金額を高めに設定すれば安くすることが可能です。

自動車の任意保険は事故の際に損害がある場合に補償してくれる保険です。しかし、保険が適用され支払われる金額には制限があることをご存じない方が多いようです。自動車の任意保険では事前に設定される保険の内容によって支払金額が異なります。特に自車の修理費用については支払額が出ない場合もあるので注意が必要です。自社の修理については車両保険が掛かっていないと修理の費用が支払われないことになります。事故の際、相手との過失割合が設定され、過失の割合によってそれぞれの車の修理の費用が支払われます。自動車の任意保険は過失割合によって支払われる保険金額が異なりますが、支払対象を絞ることによって保険料が違うこともあり、特に車両保険についてはかけない方も少なくありません。車両保険は自分の車への補償です。相手へ補償は対物、対人補償でそれぞれ保証され、無制限にしている方が少なくありません。自動車の任意保険は自分のライフスタイルに合わせた運用が必要になるので保険料と補償対象の兼ね合いは人によって全く異なることが多いようです。一般的には新車や高級車、ローンが残っている車、修理に費用がかかると見込まれる場合は車両保険を掛けることが多いようです。

私たちの生活を便利にしてくれる物の代表として自動車は欠かすことはできません。
移動や荷物運びの際などに大いに役に立っていますし、自動車を使って仕事をしている人や自動車そのものを取り扱う仕事をしている人も世の中には大勢います。また、趣味として自動車を楽しんでいる人も数多くいます。
もはや自動車は単なる乗り物という枠を超えて私たちの生活に根付いていると言っても過言ではないでしょう。

そんな生活のパートナーともいうべき自動車ですが、安心して乗るためには保険への加入が欠かせません。
自動車保険には様々なタイプの補償がありますが、自動車本体に対する車両保険について解説をします。

一般的な任意の自動車保険の場合、車両保険の有無によって保険料が大きく変わります。コストカットのため、車両保険への加入を見送る人も多くいますが、その場合、ケースによっては困ることとなります。
例えば自損事故を起こしてしまい、自分の車が壊れてしまった場合、自分で起こしたものですので損害を補償してくれる相手はいません。
車両保険に加入をしていれば、修理代金として保険金を受け取ることができますが、加入をしていなければ全額自己負担となるのです。
自分の愛車と長く付き合いたいならぜひ加入をしたいですね。

車両保険とは、事故によって車両が損傷したときに、その修理費用などを補償することをメインの目的とした自動車保険の一類型をいいます。事故で相手側の車両を損傷させたときには、対物賠償保険をもって補償することになりますが、車両保険は逆に契約者側の車両のほうが補償の対象となっていることが特徴です。
この保険に加入することによるメリットはいくつかありますが、大きなものとしては、契約者側が事故の被害者である場合に、保険金の上限額が設定されていたなどの理由で加害者である相手側の保険から十分な補償が受けられないときにも、この保険から不足分の補償を受けられるということが挙げられます。
そのほか、相手が存在する事故ばかりではなく、自ら電柱に激突したなどの自損事故による車両の損傷や、あるいは子供のいたずらや台風による落下物によって車両が損傷を受けた場合などについても幅広く適用されます。保険金を請求する先がわからない当て逃げ事故の場合についても、この保険の適用対象となりますので便利です。
デメリットとしては、保険料が高額になることが挙げられますが、これは免責金額としてある一定の金額までの損傷は自己負担とするなどの契約内容を盛り込むことによって低く抑えることが可能です。

最近の投稿