» 2015 » 10月のブログ記事

自動車保険では、誰が運転するのかを決めておくことがポイントになります。
決めておくべき点としては、運転する人(保険の契約者)の年齢、車の種類(年式、車種)、事故歴、車の利用目的、などです。これらの要因によって、保険料がわかってきます。
仮に家族が事故を起こしたとしても、保険の契約者が当人でなければ、保険料は支払われません。もし家族が他人に対して損害賠償を支払わなければならなくなったとしたら、保険で賄われずに大変なことになってしまいます。
自動車保険では保険の対象となる人物を契約者以外にも拡大することが可能なので、しっかり見直しておくことが必要です。
具体的な範囲の設定項目としては、以下のようになっています。記入保険者のみ、記入保険者の配偶者、記入保険者またはその配偶者の同居親族、記入保険者またはその配偶者の別居の未婚の子供、です。
後ろにいくに従って保険料は増えてしまいますから、保険料を抑えたいならば運転する人を絞り、記入保険者以外は運転しないという方法もあります。
このように、自動車保険の家族に対する補償を考える時には「運転者範囲」もあわせて考えておくことが重要です。実際に保険会社を選ぶ時には複数の会社に見積もりを取ってもらうのがベターです。

最近の投稿