» 2016 » 2月のブログ記事

数あるエアロパーツの中でもリヤスポイラーとは、自動車の後方の部分に取り付ける羽のようなパーツのことです。リアスポイラーには、リアハーフとリアウイングの2種類があり、共に加速した時に発生する空気の渦の流れを整えるのに用いられるパーツです。

空気の渦があると空気の抵抗や揚力が発生しますが、それを抑制できたり、走行の安定や操縦性の向上も期待出来ます。本来は、サーキットカーなどで高速で走行する自動車のために使用されていたパーツですが、最近は一般車でもファッション感覚で取り付けられているケースが多いです。

リヤスポイラーを取り付ける理由としては、自動車の後方部分を路面の方に押し付けるダウンフォース効果を期待してです。ダウンフォースによって、後輪駆動車のグリップ力を増すことに繋がり、加速しやすい状態に持っていくことが可能となります。

ちなみに効果がある最低の速度は時速80km以上であると言われ、実際にドライバーが体感できるのは時速120kmです。そのため、一般の道路などではそれほど速度を出す必要性や出すことが出来ないため、主に高速なサーキットを走行するサーキットカーに付けるのが優れています。

ただリヤスポイラーが付いている事で、かっこよさが向上したりするファッションをメインとして取り付けてあるのがほとんどです。

ファッション性について

| 未分類 |

リヤスポイラーの働きは自動車制御には欠かすことのできない存在であるが、見た目の美しさも所有者にとっては大事な側面となるのです。ファッション性を高めるような行動を見ることになれば、前向きな姿勢が生まれていくことが見込めるため、特に洗練されたスポーツカーへ積載するならば検討の段階から冷静な行動が必要にもなっていきます。さらにモーターなどの内部で目立ちにくい部位であったとしても、使用される部品の形状やデザインが好みであれば走行している際の楽しみ方にも違いが出ていくのです。ドライバー側の心情を冷静に捉えてメーカー側もこれからの開発へ生かしていくことが重要なのです。ファッション性については日本人もよく詳細を理解しており、美的なセンスを存分に発揮したデザインが今後は流行っていくという意味も理解しています。できる限りの内容を精査するようになれば、正しい観点でリヤスポイラーも選べるようになるのです。そういったこともあり、カーライフを虜にさせる魅惑の部品は、実際のところは存在しています。
走行時の空気の流れは定期的なメンテナンスをするときにも差として出ていくので、丁寧にリヤスポイラーを見ていく姿勢が最終的には重要なのです。

走行性能について

| 未分類 |

車の走行性能は何もエンジンのパワー、足回りなどでだけ決まるものではありません。いくらパワーがあってもそれをうまく路面に伝えられなければ意味がありませんし、車体が重すぎても走行性能は落ちますし、それらが良くてもボディの空力特性が悪ければちゃんと走らせる事は難しいです。極端な例ですと軽自動車にF1のエンジンを載せてしまえば真っすぐ走る事さえ出来ません。車の走行性能は車両重量、エンジンのパワー、サスペンションなどの足回りの性能、タイヤ、ボディの空力特性などのバランスによって決まります。F1などのレーシングカーではエンジンなどにレギュレーションがありその出力で大きなアドバンテージはあまり期待出来ないのでその他の面で技術を費やしますが、空力の部分にかなりの技術が費やされています。ただ空気抵抗を減らすだけでは無く、ダウンフォースと呼ばれる下に向く力を車体にかける事で走行安定性を得ると共に駆動輪にトルクをかけより大きいパワーを地面に伝えるもので、前後のウィングでその力を得るのです。大きさや形状の違いこそはあれ、市販車のリアスポイラーもデザインだけでは無く空力によった走行性能のアップに一役買っています。

リアスポイラーは、エアロパーツの区分に分けることができる部分で、車の後方に取り付けられます。リアスポイラーは、さらにその種類をリアハーフとリアウィングに分けることが可能です。リアハーフは車の後方下部に取り付けられるパーツで、スカートという呼ばれ方をする場合もあります。リアハーフが持つ機能は、車が走るときに出来る空気の渦を予防する働きです。空気の渦が出来てしまうと車の加速を邪魔してしまうので、それを取り除くための役割を果たすことができます。車の横側を通り後方に流れる空気の流れを調整し、効率よく空気を流していくことで渦の発生を防ぎます。ちなみに空気の渦は高速で走っているときに加速を妨げるので、日常の運転の中で気になることはほとんどないはずです。次にリアウィングについてですが、これはF1などの車の後ろに付いているプレート状のパーツが代表的です。リアハーフと同じように、加速を制限する空気の渦が発生するのを防止する働きがありますが、リアハーフの中にはさらに別の働きをするものもあります。空気の流れを受け止めて車の後ろに負荷を加える働きをすることで、車を地面に押し付ける機能で、ダウンフォースと呼ばれています。

現代ではほとんどの自動車がドアミラーを使用しています。海外では一般的だったドアミラーが国内でも求められてからは、ほとんどの新車がドアミラーになったので、今では中古車もドアミラーのものがほとんどと言ってよいでしょう。ドアミラーは車体と同じ色に統一できる事や駐車時に折りたためる便利性など、車のスタイリング上も大変優れており、今後新発売になる車も当然ドアミラーが付けられると予想されます。しかしタクシーに関しては新車であってもフェンダーミラーが主流です。一般の乗用車を使用している個人タクシーでもミラーだけフェンダーミラーに付け替えている例も見かけます。
これはタクシーの場合、安全性を最優先しているからだと言われています。フェンダーミラーは左右後方を確認する際にフロントガラスの視界内で視線を移動するだけで済みます。ドアミラーの場合は少なくとも左側の確認時は首を動かさなくてはなりません。この時点で僅かですが前方視界から目を離す事になるのです。また、ドアミラーの場合左側確認時、やや振り返る形となり、乗客を盗み見るように思われるため、お客さんに失礼に当たる、という考え方でフェンダーミラーの使用を継続しているタクシー会社も多いと言われています。

後続を走るクルマのライトが眩しいと感じることがあります。後続車のヘッドライトに直接車内が照らし出されるのと同時に、バックミラーやサイドミラーにも反射するので、なお一層眩しくなります。このような状態では運転を続けるのも危険ですし、神経も疲れます。

なぜ、後続車のライトが眩しくなることがあるのかというと、気が付かずにハイビームにしているか、あるいは光軸が正常な状態よりも傾いて上向いてしまっていることが考えられます。あるいは坂道などでも、このような状況になることがあります。ちなみに光軸に関しては、車検の検査項目になっているのですが、2年に1回の検査では、その間にいつのまにか振動などで光軸が正常な状態からずれてしまうということも多いのです。

では、このように後続のクルマのライトに照らし出されて眩しくなってしまった場合、どうのような対処法があるのでしょうか。すべてに対処することはできませんが、バックミラーには防眩機能が付いていますので、それを利用するだけでも大幅に眩しさが軽減されます。具体的には、バックミラーを下にカチッと動かすのです。そうすると、少し暗くなりますが、後方はきちんと見えるのですが、後続車からの光が反射することは無くなります。

車両走行中もしくは停止中に後方の安全確認をする事が出来る、重要なパーツであるミラー。
かつての日本では道路運送車両法により、ボンネット付車両にはフェンダーミラーと規定されていたという歴史があります。
一部例外があったものの、乗用車はそれのみでした。
その当時のアメリカではドアミラーが主流となっており、日本でものちの1983年に規制が無くなると、より製造コストがかかるフェンダー型は減少し、日産パルサーエクサに最初のドア型が装着されました。現在までもドア型が主流となっています。

ミラーの役割は後方の視界を確保することですが、その機能性はさまざまな観点において進化してきました。
ドライバーにとっての眼球の移動や頭のひねり角度が少なく疲労も少ないとされるフェンダー型は、一方ではデザイン上では位置が遠く鏡像が小さい・車両上の突起物となってしまっているということが挙げられます。
のちのドア型では、フェンダー型に比べ死角が多いものの、電動格納することが可能なタイプも出現し歩行者との小さな接触事故防止となり、鏡面部分の角度を車内から変えることが出来る等の機能性が上がりました。
さらにその視界を広くするために、アウトバーンミラーという曲面状の革新的なものが開発されています。

フェンダーミラーと聞いてもピンと来ない人が多いかもしれません。車両の左右ボンネットの先端部分に付いているサイドミラーの事です、現在見かけるのは左右ドアの付け根に付いているドアミラーがほとんどです。フェンダーミラーを付けているのはタクシー、パトカー、公用車くらいではないでしょうか。しかし実際にはフェンダーミラーの方が安全確認の効果が高いと言われています。これは左右のミラーが二つともフロントガラスの視界内に存在する事が大きいのです。運転手が首を動かすことなく視線を少し動かすだけで左右後方を確認できるからです。これに対しドアミラーは右ハンドルの場合、左ドアミラーを確認する際には視線の移動だけでは十分に見る事ができません。ある程度は首を左に動かす必要があります。この場合、短時間ですが前方視界から目を外す事になるのです。その点、フェンダーミラーなら視線を動かしたとしても全体の前方視界は見えていますから突然の障害物等にも対応ができると言われているのです。しかし、ドアミラーに比べて位置が運転手から遠いので鏡像自体が小さくしか映りません。遠くに位置する車などは視力が良くないと気づかない可能性もあるのです。

車の走行中にはほぼミラーが頼りと言っても過言ではありません。特にサイドミラーは、ドライバーを守る極めて重要な役割を果たしています。高速道路においては、絶えず中央分離帯とサイドの距離感をある程度一定に保たなければならない時や、大型車の接近にも対処することができるという有難い存在です。ローカルの狭い道で対向車とすれ違う場合、サイドミラーを確認しながらギリギリいっぱいまで寄せる事もできます。幅広の溝などにも落ち込まないように回避せねばならない場合には尚更です。縦列駐車や通常の車庫入れにも、車やガレージの壁に擦れないためにも必要不可欠と言えます。前方ばかり見ながら運転しているようで、実のところサイドミラーを絶え間なく気を付けているのです。ただ車線変更時には、猛スピードの車は死角になってしまうため、念のためガラス越しに直接確認する方が望ましいでしょう。横断歩道で自転車が斜め横切りすることもあるので、こういうケースでも後方確認しながら徐行すると事故を免れます。バックミラーは、後方の車が急接近していないか、イライラと追い越しを掛けてこないかなど、時折気にしながら安全運転を心がけると快適なカーライフを持続できます。

先ず車を購入する際に、選ぶきっかけとなるのがエクステリア(外観)を重要視する人は結構多いはず。例えばアウトドアを趣味とする人はラフロードを走行したり、沢山の荷物やスキー等を積載可能な4WDを選択するでしょう。また、走りを重視したい人は流線型の2ドアクーペボディが重要なポイントとなります。特にスポーツカーに分類される車は、タイヤが17~18インチと多き目ホイールと、ブレーキ、サスペンションも有名メーカーのものが標準装備されたりします。リアスポイラーや地を這うようなフォルムに心踊されます。他にも紳士的に車を乗りたい人は4ドアセダンでしぶく決めるのも良いでしょう。週末に家族でドライブや旅行に行かれる方はワンボックスカーとエクステリアは重要な車選びの要素となります。いずれにしてもどんな車を選んでも、メーカーオプションやディーラーオプションで更に個性を主張すべく、様々なキットがあります。フロント、リアのスポイラーやホイールバリエーション、ボディカラーなど現在はあらゆる選択肢が自由に選べ、むしろ全く同じ車は少ないくらいです。それだけにエクステリアとは、車を選ぶときの楽しさでもあり、重要なポイントとなります。

最近の投稿