» 2016 » 4月のブログ記事

LPGは液化石油ガスを使用した自動車です。LPGとは家庭用のガスボンベなどにも使用されているガスのことでガスとは言いますが実際のところ液体にて収容されています。そのため液化石油ガスを使用した自動車は液体にて給油を行います。LPGを使用した車の良いところにLPG液化石油ガスの価格にあります。一リットル当たりの価格は約百円とガソリンと比べてかなり安いのが特徴です。現在LPG自動車は全国で約二十四万台走っています。その多くはタクシーが使用していて全体の八割を占めています。そのほかにも貨物用にも八パーセントほど使用されているためLPG使用した自動車は九割が業務用の車両です。LPGが使用される理由には環境に良いことも挙げられます。まず排気ガスがきれいです。喘息などの原因といわれる窒素酸化物や炭化水素なども少ないです。そして最近注目されるPMなどもほとんど出ないのです。そして二酸化炭素はガソリン車より少ないのも良いところとして挙げられます。こういう理由からも日本では多くの種類の車に採用されていてフォークリフトやゴミ収集車などにも使われるなど幅広く活躍しています。また世界では一千万台以上のLPGを採用した車が走っています。

まず、ガソリン車と比較すると熱効率が優っているため燃費がよく、CO2の排出量が少ないです。CO2の排出量が少なければ地球温暖化の抑制につながります。
次に車の排気ガス関連が大幅に見直されたことが挙げられます。従来のディーゼル車の排気ガスには黒煙や窒素酸化物が多く含まれていて、大気汚染の原因のひとつと考えられていました。しかし、コモンレール式という燃料噴射装置を採用したことで黒煙や窒素酸化物を減らすことに成功しました。また、黒煙を取り込んだ後に燃やして除去することを可能にした黒煙除去フィルターも開発されました。さらに、メーカーによって異なりますが、窒素酸化物を減らす工夫もなされました。窒素酸化物が出にくいエンジンの開発、アンモニア使用による無害化、窒素酸化物吸蔵還元触媒による水や水素への転換がなされました。エンジンにターボを取り付けるようになったことも環境保全に貢献しています。ターボエンジンにより走行時の燃費が向上し、排出ガスの量も減りました。そして、燃料となる軽油自体も2007年から硫黄を低減した軽油に切り替わりました。
こうして、クリーンディーゼル車はCO2や有害物質の排出を少なくすることに成功し、環境に優しい車となったのです。

エコな車として注目されているのが燃料電池自動車です。燃料電池車で使われている水素は燃料電池車の他に一般のエンジンでも燃焼させようとする試みも行われています。燃料電池車の場合、水素を反応させて電気を起こしてモーターで走ります。そのため、水素を作る際のCO2の問題はありますが、走行に関してはCO20が実現しています。また、バッテリーの進化もあり、かなりの減量が進み、車両価格も1000万円を切る物が多くなっています。ただし、水素を充填する水素ステーションがまだまだ足りないことが検討材料となっています。また、水素を直接燃やす自動車も開発が進んでおり、マツダのRX8は市販もされていました。現在主流となっているハイブリッド車やプラグイン・ハイブリッド車ではモーターは走行の補助でしかありませんが、燃料電池車がさらに普及してくれば価格も下がり、ハイブリッド車と同程度の価格帯で販売できる日がくると期待されています。水素を扱うということでボンベの耐久性が問題となることもありますが、ガソリンタンクとほぼ同じ強度が実現されており、重さも、材料の樹脂が開発されたことで軽量化され、燃料電池車の低価格化にも貢献しています。

電気自動車とは、その名の通りに電気を動力源として走る車です。従来の車はガソリンを燃焼させることで発生するエネルギーを使用してモーターを回していたため、二酸化炭素やNOXなどを含んでいる排気ガスによる大気汚染の問題がありました。しかし、電気を使うことで排気ガスを全く出さずに走ることができます。これが他の車にはない大きな特徴になっています。ガソリンはエネルギーの一部しか使えない効率の悪さがありますが、電気は多くのエネルギーを走行に使えるという効率の良さがあります。発電所からは二酸化炭素が排出されていますが、このエネルギー効率の良さから、ガソリンを使うよりも二酸化炭素の排出が抑えられます。また、ガソリンを燃焼させずに済むため走行中の音も小さく、騒音になりません。このように環境に優しい車になっています。
電気を動力にすると1度に走れる距離が短くなり、パワーも小さくなるという問題点がありましたが、技術の発達によって性能は上がっており、以前よりも長距離を走れるようになっています。充電できるステーションの数も増えているため充電しやすくなっており、使い勝手は良くなっています。一度に長い距離を走らない場合はそれほど問題にはなりません。また、普及に伴って車両価格も下がっているため、購入しやすくなっています。gf1120209840m

自動車税とガソリン代は自動車を維持する上で必ず発生する費用ですので、誰もが少しでも出費を抑えたいと考えるでしょう。特にガソリン代は毎月の家計の負担となりますので、これを抑えるために少しでも燃費性能がいい自動車の購入を検討すると思います。燃費性能がいい自動車は大部分がエコカー減税の対象車であることが多く、ガソリン代だけではなく自動車税の負担も抑えることができます。
エコカーの主流となってきているハイブリット車はガソリンを使ったエンジンと電気で動くモーターの2つを動力源とする自動車のことで、モーターのみで走行したり、エンジンの出力をモーターで補助することで燃費性能を向上させていますが、あくまでもエンジンを基本として走行する自動車です。
このハイブリッド技術をさらに電気自動車に近いものへ昇華させたものがプラグインハイブリッド車です。プラグインとは電源プラグを用いて充電することができるという意味で、プラグインハイブリッド車は家庭の電源からでも充電することができます。充電がある間はモーターのみで走行して充電がなくなるとエンジンとモーターの2つで走行します。モーターのみで走行する間はガソリンを消費しないだけではなく、CO2も排出しないため環境にも優しい構造になっています。ただし、あまり大きなバッテリーを積載できないためモーターのみで走行できる距離は限られています。gf1120107985w

エコカーと減税情報

| 未分類 |

環境負荷が少ないエコカーに対して注目する人は増えており、購入対象として検討する人も少なくありません。こうした車に対しては、さまざまな減税措置が行われており、自動車重量税や自動車取得税を対象としたものと、自動車税を対象としたものがあります。
前者は、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの次世代自動車や国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準をクリアした自動車が対象で、購入時の自動車取得税と、購入時と車検時にかかる自動車重量税が優遇されます。
また中古車購入時も自動車所得税の減税を受けることができ、これらの優遇措置については、2015年度から2年間にわたって延長されることが決まりました。
なお新車購入時の補助金と併用可能ですが、必要な環境要件は異なるので注意が必要です。
後者は、自動車の所有者に対して、毎年都道府県から課税される自動車税を、自動車の環境負荷の度合いによって優遇ならびに負担増を設けた措置です。次世代自動車であったり、排出ガスと燃費の基準をクリアしている自動車に対しては税率が軽減されますが、新車新規登録から一定年数を経過し、環境負荷の大きい自動車に対する税率は高いものが適用されます。gf1120107989w

バイオエタノール燃料が話題です。車はガソリン、ディーゼル燃料で動くのですが、ディーゼル燃料はシリンダー内で圧縮させることで着火させます。そのため、ディーゼル燃料としてエタノールなども利用できます。ただし、そのまま使うのではなく、軽油に混ぜて利用することが多いようです。純粋なエタノール燃料として利用する場合も増えています。例えば、廃油として捨てられる食用油を精製して使う燃料も増えてきています。また、最初から燃料用にとうもろこしなどを生産する国も増えています。ただし、食物から油を取る場合、食料として生産する畑を転用する農家も増えてきており、食料品として出荷されるとうもろこしなどの値段が上がってきているので問題となっています。現在は燃料用として販売される方が高い事が多いです。それはバイオ燃料はCO2の排出量を少なく計算できるためと言われており、国が補助を出してバイオ燃料の比率をあげようとしているからとも言われています。CO2の排出量は地球規模で考えなくてはならない問題ですが、食糧不足も懸念されてきており、また、昨今の異常気象で食料自給率が下がってくることもかんがられており、バイオ燃料の扱いはバランスの取り方がとても難しいと言われています

グリーンラベルと優遇税制

| 未分類 |

自動車はさまざまな税金が掛けられていますが、運行にともなう環境への影響に配慮して、あらかじめ必要な基準を満たして製造された車両については、低公害車として認められ、こうした税金が安くなるという優遇税制が設けられています。
より具体的には、国土交通省による低排出ガス車認定制度の認定を受けた上で、一定の燃費基準を満たしたものについては、車両にグリーンラベルと呼ばれるステッカーが貼られて、この優遇税制が適用されるというものです。
燃費基準には制定された年次による種類があるため、最新のものほど規制の幅が大きく、達成するためにはより技術的な努力が必要となっています。
優遇される度合いについては、基本的に基準をどれだけ上回った性能を発揮できるかによるため、ステッカーにはその度合いによって黄色の星印が表示されており、この星印の数が多いものほど優遇されることになります。
こうした制度の適用対象となるのは、自動車税、自動車重量税、自動車所得税となっており、もっとも高い基準をクリアしたものについは、自動車重量税と取得税の全額免除、自動車税の75パーセント減免が受けられることから、かなりの負担軽減となることが期待されます。gf1420096371l

低公害車の特徴と定義

| 未分類 |

低公害車を簡単に定義しますと、大気汚染物質の排出量が少なく、環境への負担がより少ない自動車のことです。大気汚染物質には、一酸化炭素や二酸化炭素、さらには窒素酸化物などが含まれます。これら汚染物質の排出量が少ないということは、温暖化を予防する点で非常に大きな役割を果たすことができるのです。この種の自動車は主に5つの種類に分けることができます。電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ハイブリッド自動車、さらには圧縮空気車と呼ばれるものです。このうち電気自動車は、バッテリーからの電気によってモーターが動き、走行が可能になります。そのため、排気ガスを全く出さないというのが大きな特徴となっています。天然ガス自動車はガソリンに代わって天然ガスを燃料にしています。またメタノール自動車はガソリンに代わってメタノールを燃料にしています。そのため、普通の自動車に比べて二酸化炭素などの排出量が少なく、当然環境にもやさしいという特徴があります。さらにハイブリッド自動車に関しては、ガソリンと電気の両方を使って走行させます。普通の自動車と比べて燃費が良いため、ガソリンの使用量は少なく、結果として二酸化炭素の排出量を減らすことができるのです。

ガソリンや軽油などの石油燃料を用いた自動車は、走行する際に窒素酸化物や黒鉛といった有害物質を排出ガスとして大気中に放出するため、地球温暖化や大気汚染の元凶になりやすいという欠点があります。
こうした有害物質を含む排出ガスが少なくなるように工夫した自動車が、低公害車とよばれているもので、最近注目をあつめています。
これらのなかまとしては、天然ガスを燃料とする天然ガス自動車、水素を燃料とする水素自動車、ガソリンと電気の切り替えで動くハイブリッド車、電気を動力とする電気自動車などがあり、基本的にはガソリンを燃料とする従来の方式からは一変して、燃料そのものを他の方式に置き換えたものということができます。
また、最近では家庭から排出される廃食用油や菜の花などの食べられない植物を原料としてバイオエタノールを生成し、そのバイオエタノールを燃料として走るバイオエタノール車なども登場しており、多分に実験的な試みではありますが、地域住民の協力を得て自治体の公用車などとして利用されている事例もあります。
このように、これまでに多種多様な自動車が開発されているところですが、技術面とあわせて、全国への燃料スタンドの配置などの走行環境の整備、量産にあたっての価格の安定化といった、ソフト面での課題を克服することが必要になっています。gf0780078654l

最近の投稿