自動車にはMT車とAT車の二つのタイプがあり、MT車のことをマニュアルトランスミッションと言い、AT車をオートマチックトランスミッションと呼ばれます。その決定的な違いとしては、MT車はクラッチを踏むことでギアチェンジを行なう必要があり、その分、運転者に手間がかかる仕組みになっています。

なお日本国内では、主流はオートマチックトランスミッションのAT車が主流ですが、種類もトルコンステップAT、CVT、DCT、AMTと存在します。トルコンステップATは、採用されることが多いATの一つで、発進時のスムーズさと変速時間も早く、ギアの多段階にも対応できる特徴が見られます。

以前は燃費の悪さが指摘されましたが、現在ではMTに近いか、それ以上の燃費の良さを実現しています。次にCVTは変速時のショックがほとんどない特長が見られ、コンピューターによる制御によって回転数の無駄を制御しています。

ただギアの多段階には対応するのが難しい点もあります。次のDCTはMT車に近いダイレクトなギアチェンジを行なうことができ、スポーツカータイプや外国車などで採用しています。発進時のスムーズさに欠け、部品点数も多いのでメンテナンスコストがかかってしまう難点があります。

AMTはMT車で人間が操作するクラッチ動作を自動的にコンピューターが行ってくれる仕組みとなり、MT車の様なフィーリングを得ることが出来ますが、スムーズな発進に欠ける面もあります。なかでもオートマチックトランスミッションを採用されるケースが多い種類は、トルコンステップATかCVTの二つが多いです。

最近の投稿