クランクシャフトとは

| 未分類 |

車のレシプロエンジンの仕組みは往復運動を回転運動に変えるものです。シリンダーの中で爆発した熱エネルギーはピストンを押す力となってピストンに往復運動を与えます。ガソリンエンジンでは動力を1回発生させるのに4つの作動をしなければなりません。ガスの吸入、ガスの圧縮、ガスの爆発膨張、ガスの排出です。この部分がシリンダー内の往復運動です。この往復運動はコンロッドを介して回転運動に変わります。往復運動を回転運動に変える仕掛けをクランク機構と言い、回転している軸をクランクシャフトと言います。またクランクシャフトとコンロッドの間に位置する部分はクランク腕と呼ばれ、クランク腕とコンロッドを繋げているのがクランクピンです。4サイクル式のエンジンでは、クランクシャフトが2回転して1つの仕事を行い、2サイクル式では、クランクシャフトが1回転して1つの仕事を行います。因みにピストンはクランクピンの中心が描く円(クランク円)の直径に等しい距離だけ往復します。エンジン回転数は正にイコールこのクランクシャフトの回転数です。当然ながら大きなパワーがかかる部分で、精度も要求されます。エンジンの部品の中では高価です。また相応の高剛性と軽量化も両立しなくてはなりません。

最近の投稿