車両走行中もしくは停止中に後方の安全確認をする事が出来る、重要なパーツであるミラー。
かつての日本では道路運送車両法により、ボンネット付車両にはフェンダーミラーと規定されていたという歴史があります。
一部例外があったものの、乗用車はそれのみでした。
その当時のアメリカではドアミラーが主流となっており、日本でものちの1983年に規制が無くなると、より製造コストがかかるフェンダー型は減少し、日産パルサーエクサに最初のドア型が装着されました。現在までもドア型が主流となっています。

ミラーの役割は後方の視界を確保することですが、その機能性はさまざまな観点において進化してきました。
ドライバーにとっての眼球の移動や頭のひねり角度が少なく疲労も少ないとされるフェンダー型は、一方ではデザイン上では位置が遠く鏡像が小さい・車両上の突起物となってしまっているということが挙げられます。
のちのドア型では、フェンダー型に比べ死角が多いものの、電動格納することが可能なタイプも出現し歩行者との小さな接触事故防止となり、鏡面部分の角度を車内から変えることが出来る等の機能性が上がりました。
さらにその視界を広くするために、アウトバーンミラーという曲面状の革新的なものが開発されています。

最近の投稿