デファレンシャルギヤとは

| 未分類 |

デファレンシャルギヤ(差動装置)は、動力伝達装置の一つで、リダクションギア(減速装置)と一体になっています。デファレンシャルギヤは、前輪駆動FFでは前輪に、後輪駆動では後輪に、4WDでは前後両方に取り付けられています。因みにフルタイム4WDでは、前輪と後輪の回転差を吸収するセンターデフが備わっています。デファレンシャルギヤは、車がコーナリングする時、左右輪が路面とスリップを起こさず回転し、また左右輪の回転差にかかわらず動力を左右均等に伝えるために設けられます。コーナリングする時、左右輪には回転差が生じます。例えば右へ回る場合、右輪よりも左輪の方が多く回転します。もしも右と左の動力が同じだったとすれば、右輪は空転を起こしてしまいます。空転はタイヤが摩擦して劣化するだけでなく、駆動軸にも悪影響を及ぼしますし、乗り心地や操縦性も悪化します。このような時に、左輪に必要な動力を与えて左右均等にするのがデファレンシャルギヤの役割です。しかしながらデファレンシャルギヤの欠点もあります。例えば片輪がぬかるみに入った場合には、ぬかるみに入った方に動力が伝わることになり空転してしまいます。そこでLSD(リミテッドスリップデフ)の登場です。LSDによってこのような場合でもぬかるみに入っていない方に動力を伝えて脱出できるようにします。

最近の投稿