エコカーと減税情報

| 未分類 |

環境負荷が少ないエコカーに対して注目する人は増えており、購入対象として検討する人も少なくありません。こうした車に対しては、さまざまな減税措置が行われており、自動車重量税や自動車取得税を対象としたものと、自動車税を対象としたものがあります。
前者は、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの次世代自動車や国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準をクリアした自動車が対象で、購入時の自動車取得税と、購入時と車検時にかかる自動車重量税が優遇されます。
また中古車購入時も自動車所得税の減税を受けることができ、これらの優遇措置については、2015年度から2年間にわたって延長されることが決まりました。
なお新車購入時の補助金と併用可能ですが、必要な環境要件は異なるので注意が必要です。
後者は、自動車の所有者に対して、毎年都道府県から課税される自動車税を、自動車の環境負荷の度合いによって優遇ならびに負担増を設けた措置です。次世代自動車であったり、排出ガスと燃費の基準をクリアしている自動車に対しては税率が軽減されますが、新車新規登録から一定年数を経過し、環境負荷の大きい自動車に対する税率は高いものが適用されます。gf1120107989w

最近の投稿