皆さんは自動車保険に加入されていますか、また加入されている方でも事故を起こした場合、どのようにして被害者に対して接しているか、賠償金が支払われているかを御存知でしょうか。今や、自動車は日本国内に溢れ、一家に一台の自家用車を持つことが半ば当たり前になっています。それに伴い、駐車場不足、交通渋滞、そして交通事故を引き起こす原因を作っています。交通事故は自分だけが気をつけていても相手から受ける事故もあることから、自動車の任意保険に入ることはほぼ必須事項となっています。しかしながら、実際に加害者が事故を起こした場合、どのようなプロセスで過失割合が決まり、賠償金を支払っているのかを知らない方が殆どです。現在、保険会社の多くは示談交渉サービスというものをオプションでつけており、事故を起こした加害者が直接、被害を受けた方々と交渉することを避けさせ、代行で交渉するようにしています。感情論と損得論が先行しどうしても冷静な話し合いが出来ないケースが多いからです。基本的に賠償額は示談であれば、警察の現場検証と客観的に見た状況証拠、タイヤ痕、双方の言い分を元に過失割合を決めることがあります。またその過失割合に基づき賠償額が決定されるのです。

最近の投稿