車を運転している場合、やむを得ず前方の車を追い越さなければならないことがあります。しかし、全ての場合で追い越しをしても良いというわけではありませんので、注意が必要です。
まず、日本では車は道路のセンターライン左側を走行する必要があります。センターラインよりも左側の部分が幅6メートル未満であり、見通しがよくさらに反対方向から車などが来ないという場合には、センターラインを超えて前方の車を追い越すことが出来ます。
センターラインには、白の実線・白の破線・黄色の実線・黄色の破線の4つのタイプがあります。白の実線ははみ出し禁止を意味していますし、黄色の実線は追い越しをするためのはみ出し走行を禁止しています。
白の実線については、はみ出しての走行は禁止されていますが、追い越しそのものは禁止されています。つまり、道幅が広く、センターラインからはみ出さずに前方の車を追い越すことが出来るという場合には、追い越しをしても問題は無いということになります。
なお、白の破線と黄色の破線が2本線で引かれているという場合には、白の破線が引かれている車線からは他の車を追い越すためにはみ出すことが出来ますが、黄色の破線側からははみ出すことが出来ないということを意味しています。

最近の投稿