私達が車を運転する際、通行して良い場所としてはいけない場所があります。これを示すのが「規制標識」です。車の運転時は、この規制標識を見て、自分の乗っている車が通行出来るかどうかを確かめる必要があります。特に、車種によって通行出来る場所と出来ない場所がある点に注意が必要です。たとえば、「二輪の自動車、原動機付自転車通行止め」の標識がある場所は、四輪の自動車や、自転車などの軽車両は通ることが出来ますが、二輪の自動車、または原動機付自転車は通ることが出来ません。誤って通ってしまうと、「通行禁止違反」という交通違反となり、二輪の自動車の場合は6,000円、そして原動機付自転車は5,000円の反則金が科せられます。これに加えて、違反点数が2点加算されてしまいます。二輪の自動車や原動機付自転車に乗っている人は、十分注意しましょう。また、「歩行者専用」や「自転車および歩行者専用」の標識がある場所は、その標識に示されているもの以外は通ることが出来ません。ただし、二輪の自動車や原動機付自転車の場合は、車体から降りてエンジンを切って歩いている場合は歩行者とみなされるため、通ることが出来ます。また、年配の人がよく乗っている「セニアカー」は歩行者扱いのため、問題なく通ることが出来ます。

最近の投稿