道の駅昆虫の里たびらは、長崎県平戸市を走る国道204号沿いにあります。
全国有数の観光地ハウステンボスへと向かう道で、オランダ街道と呼ばれています。
巨大カブトムシのモニュメントが建っており、ドライバー達の目印となっています。
近くには、自然な環境のまま昆虫を観察できる田平昆虫自然園があり、カブトムシやクワガタ、蝶やトンボなどが生息しています。
それにちなんで「昆虫と出会える駅」をコンセプトに掲げて運営されています。
施設には特殊カメラで撮影した珍しい昆虫の写真パネルが展示されており、昆虫の生態を学習するのに最適です。
お子様のいらっしゃるご家族におすすめなのは、夏に期間限定で行われる昆虫販売です。
子供達に人気のカブトムシやクワガタのペアなどがお手頃な価格で販売されます。
気になる方は是非、休憩がてら足を運んでみてはいかがでしょう。
農水産物や特産品を販売する物産館では、海に囲まれた土地にふさわしく、干物やあごやイカの塩辛などの海産物が並びます。
朝どれ野菜も人気で、地元の美味しい団子やお寿司、かりんとうはお土産に最適です。
道の駅昆虫の里たびらは、子供はもちろん、お酒好きのお父さん、甘いものに目が無いお母さんも、家族みんなが楽しめる楽しい道の駅です。

最近の投稿