フェンダーミラーと聞いてもピンと来ない人が多いかもしれません。車両の左右ボンネットの先端部分に付いているサイドミラーの事です、現在見かけるのは左右ドアの付け根に付いているドアミラーがほとんどです。フェンダーミラーを付けているのはタクシー、パトカー、公用車くらいではないでしょうか。しかし実際にはフェンダーミラーの方が安全確認の効果が高いと言われています。これは左右のミラーが二つともフロントガラスの視界内に存在する事が大きいのです。運転手が首を動かすことなく視線を少し動かすだけで左右後方を確認できるからです。これに対しドアミラーは右ハンドルの場合、左ドアミラーを確認する際には視線の移動だけでは十分に見る事ができません。ある程度は首を左に動かす必要があります。この場合、短時間ですが前方視界から目を外す事になるのです。その点、フェンダーミラーなら視線を動かしたとしても全体の前方視界は見えていますから突然の障害物等にも対応ができると言われているのです。しかし、ドアミラーに比べて位置が運転手から遠いので鏡像自体が小さくしか映りません。遠くに位置する車などは視力が良くないと気づかない可能性もあるのです。

最近の投稿