車の走行中にはほぼミラーが頼りと言っても過言ではありません。特にサイドミラーは、ドライバーを守る極めて重要な役割を果たしています。高速道路においては、絶えず中央分離帯とサイドの距離感をある程度一定に保たなければならない時や、大型車の接近にも対処することができるという有難い存在です。ローカルの狭い道で対向車とすれ違う場合、サイドミラーを確認しながらギリギリいっぱいまで寄せる事もできます。幅広の溝などにも落ち込まないように回避せねばならない場合には尚更です。縦列駐車や通常の車庫入れにも、車やガレージの壁に擦れないためにも必要不可欠と言えます。前方ばかり見ながら運転しているようで、実のところサイドミラーを絶え間なく気を付けているのです。ただ車線変更時には、猛スピードの車は死角になってしまうため、念のためガラス越しに直接確認する方が望ましいでしょう。横断歩道で自転車が斜め横切りすることもあるので、こういうケースでも後方確認しながら徐行すると事故を免れます。バックミラーは、後方の車が急接近していないか、イライラと追い越しを掛けてこないかなど、時折気にしながら安全運転を心がけると快適なカーライフを持続できます。

最近の投稿