数あるエアロパーツの中でもリヤスポイラーとは、自動車の後方の部分に取り付ける羽のようなパーツのことです。リアスポイラーには、リアハーフとリアウイングの2種類があり、共に加速した時に発生する空気の渦の流れを整えるのに用いられるパーツです。

空気の渦があると空気の抵抗や揚力が発生しますが、それを抑制できたり、走行の安定や操縦性の向上も期待出来ます。本来は、サーキットカーなどで高速で走行する自動車のために使用されていたパーツですが、最近は一般車でもファッション感覚で取り付けられているケースが多いです。

リヤスポイラーを取り付ける理由としては、自動車の後方部分を路面の方に押し付けるダウンフォース効果を期待してです。ダウンフォースによって、後輪駆動車のグリップ力を増すことに繋がり、加速しやすい状態に持っていくことが可能となります。

ちなみに効果がある最低の速度は時速80km以上であると言われ、実際にドライバーが体感できるのは時速120kmです。そのため、一般の道路などではそれほど速度を出す必要性や出すことが出来ないため、主に高速なサーキットを走行するサーキットカーに付けるのが優れています。

ただリヤスポイラーが付いている事で、かっこよさが向上したりするファッションをメインとして取り付けてあるのがほとんどです。

最近の投稿