駆動伝達方式について

| 未分類 |

自動車のドライビングに直結するという点で、駆動伝達方式の違いは重要な要素になっています。駆動伝達方式とは、つまり運転する時に、ハンドルを切って前のタイヤが動くのか、後ろのタイヤが動くのかという違いです。さらには、エンジンの搭載位置も、この駆動伝達方式に関係があります。クルマのフロント部にエンジンが搭載されていて、前のタイヤが動くクルマは、フロントエンジン・フロントドライブを略してFFといいます。フロント部にエンジンが搭載されて、リアタイヤが動くクルマは、フロントエンジン・リアドライブを略してFRといいます。クルマの後部にエンジンが搭載されていて、リアタイヤが動くクルマはリアエンジン・リアドライブを略してRRといいます。クルマのボディ中央部にエンジンが搭載されていて、リアタイヤが動くクルマはミッドシップエンジン・リアドライブを略してMRといいます。エンジンの搭載位置はフロント部が多いものの、エンジン位置に関わらず、四輪が駆動するクルマは4ホイールドライブを略しして4WDといって、駆動伝達方式による分類は以上になります。それぞれの駆動方式によって、メリットとデメリットがあり、クルマの用途や目的によって駆動方式が使い分けられるのです。

最近の投稿