道路交通法が改正され、私たちの身近な自転車のルールが大きく変わりました。何気なくいつもの感覚で自転車を運転していると、うっかりでは済まされず反則金切符を切られたりすることがありますので、この機会にルールをしっかり学んでいきましょう。

自転車は原則車道通行となります。
実はあまり知られていませんが、警察は以前から交通指導の機会を捉えて自転車は車道を通行してくださいと広報しておりました。なぜなら、自転車は道路交通法上、軽車両に該当するからです。
しかし、警察の広報活動をもってしても、電動自転車の普及によるスピードの増加や機能性の高いママチャリの普及により、自転車による交通事故が相次いだため、この度法律を改正してルールを厳格化したのです。

ではどのようにルールが変わったのかですが、まず、原則は車道の左側を通行しなければなりません。それから路側帯も通行可能です。いずれも自転車は左側通行であることを強く認識する必要があります。
もちろん例外もあります。
例えば道路工事などしており、車道を通行すると車と接触しそうであぶないですとか、自転車の運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者の方、身体が不自由な方も歩道を通行可能です。

ただし、歩道を通行する場合もルールがあります。
自転車は必ず車道側を通行するとともに、あくまで歩行者優先で運転することです。もちろんベルをならして歩行者をどかすなんてこともしてはいけません。
ルールを正しく理解して、相手はもちろん、あなた自身も事故に遭わないように運転しましょう。

最近の投稿