私たちが日本の何処に住んでいるのかによって、道路での気をつけ方もかなり変わって来ます。どの地域でもスピードを出しすぎないようにする事は変わりませんが、地域的な特徴や場所によって気を付けるべき点は大きく変わってくるものです。普段の街中と、例えば山間部での道路は、かなり事情が違ってきます。どちらが簡単とか安全だとかという基準は無く、どちらも危険であると言えるのではないでしょうか。その場所に応じた対処の仕方をドライバーができるかどうかで、交通事故を未然に防げるのかという事に発展していきますから、色々なケースを知っておく必要はあるでしょう。山間部では、地域の特徴として勾配の問題があります。しかも、カーブはかなりきつい場所が多くなり、時にはカーブで右側通行が許されている場合もあります。これは道路標示によって記されているので、ドライバーにはとても分かりやすいと思いますが、勾配と急なカーブが重なっている場所は危険度がかなりアップします。そのような時にはできるだけはみ出し方を少なくする方法を選択する他、クラクションの活用や一時停止をしながら前方の安全を良く確かめた上で通行をしていかなければならないのではないでしょうか。

最近の投稿