無段変速機(CVT)とは

| 未分類 |

CVTとはContinuously Variable Transmissionの略称で、自動車に搭載されているトランスミッション機構の一つです。
マニュアル式はクラッチペダルやシフトレバーを運転者が操作することでシフトチェンジを行い、オートマ式ではシフトチェンジは自動的に行われます。一方CVT方式は、これらのギアを利用した機構とは全く異なった変速方式となっており、プーリーとベルトによって構成され、ブーリーの直径と溝の幅を変化させることで無段階の変速を可能にしたものです。
このため、連続的な変速が行われ、マニュアル式やオートマ式でシフトチェンジの際に必ず発生する変速ショックが無く、スムーズに走行することができます。
CVTは、無段変速機構部やトルクコンバータ、カウンターギヤ部、ディファレンシャル機構部、油圧装置、オイルポンプ、前進・後退切り替え機構部などから成り、ブーリーやベルトは無段変速機構部にあります。
エンジン効率の高い回転数を維持しやすいため低燃費の実現に向いているほか、ギアを利用した変速機に比べ部品数が少なく済むためエンジンの小型化が可能など、多くのメリットがあります。一方でコストが高いなど、デメリットも存在します。

最近の投稿