リアスポイラーは、エアロパーツの区分に分けることができる部分で、車の後方に取り付けられます。リアスポイラーは、さらにその種類をリアハーフとリアウィングに分けることが可能です。リアハーフは車の後方下部に取り付けられるパーツで、スカートという呼ばれ方をする場合もあります。リアハーフが持つ機能は、車が走るときに出来る空気の渦を予防する働きです。空気の渦が出来てしまうと車の加速を邪魔してしまうので、それを取り除くための役割を果たすことができます。車の横側を通り後方に流れる空気の流れを調整し、効率よく空気を流していくことで渦の発生を防ぎます。ちなみに空気の渦は高速で走っているときに加速を妨げるので、日常の運転の中で気になることはほとんどないはずです。次にリアウィングについてですが、これはF1などの車の後ろに付いているプレート状のパーツが代表的です。リアハーフと同じように、加速を制限する空気の渦が発生するのを防止する働きがありますが、リアハーフの中にはさらに別の働きをするものもあります。空気の流れを受け止めて車の後ろに負荷を加える働きをすることで、車を地面に押し付ける機能で、ダウンフォースと呼ばれています。

最近の投稿