車にはいろいろなパーツが存在しますが、その中で座り心地に関連しているパーツがリクライニングシートです。これは運転席や助手席に主についているパーツで、背もたれを後方へ傾斜させることができる機能を備えています。これによって、自分の一番しっくりくるところで運転ができます。日本語では自在腰掛ともいいます。シートの傾斜を変更させる方法はボタンを押しながら椅子に力を入れて背中から押すことによって変えることができます。他にはレバー式のものも存在し、これはレバーを引きながら強く背中側を押すと変えられます。このシートは車を買ったころから最初からついていますが、場合によってはあまりしっくりこないという人もいます。しっくりこないと運転がしにくいということもあるので変更することもできます。シートはネットでも買えますが、高いようにみえるのですが、安いものでは6000円台で買えるものもあります。買い替えるのが嫌な人は、シートの部品を変えることによって少しは改善されることもできます。それ以外にはクッションなどをしたにしくなどして楽にすることはできます。助手席ならば少し座り心地が悪いだけで済みますが、運転席ならば一番しっくりときて、運転しやすいものを選ぶのが一番です。

最近の投稿