当たり前のように思えることですが、車は歩道は走ってはならず、車道を走らないといけません。
自転車の場合は、通行可能であれば走ることはできますが、それ以外の車は原則として走行禁止なのです。
また、いわゆる路側帯に関しても、軽車両は走ることができますが、原則として車は走ってはいけない決まりになっています。
さて、そもそもどうして車は、車道を通行しなければいけないのでしょうか。
法律で決まっているから、歩道を走るのは危ないから、そういった理由を思いつく人が大半だと思います。
それ以外の理由として、道路交通法では歩行者の安全を第一に考えなければいけません。
したがって、車道を走ることで歩行者の安全が確保できるわけです。
他にも、車が走るためには一定以上の交通スペースが必要なので、それが確保されていない歩道を走行するのはNGなのです。
ただ、車も例外として歩道を走ってもいいケースがあります。
道路に面した場所、例えばお店や駐車場などから道路へ出る場合は、歩道を横切らないといけないケースが多いです。
その場合は、例外として走ってもいいわけですが、当然ですが歩行者が最優先ですし、十分に注意しながら通行しないといけません。

最近の投稿