走行性能について

| 未分類 |

車の走行性能は何もエンジンのパワー、足回りなどでだけ決まるものではありません。いくらパワーがあってもそれをうまく路面に伝えられなければ意味がありませんし、車体が重すぎても走行性能は落ちますし、それらが良くてもボディの空力特性が悪ければちゃんと走らせる事は難しいです。極端な例ですと軽自動車にF1のエンジンを載せてしまえば真っすぐ走る事さえ出来ません。車の走行性能は車両重量、エンジンのパワー、サスペンションなどの足回りの性能、タイヤ、ボディの空力特性などのバランスによって決まります。F1などのレーシングカーではエンジンなどにレギュレーションがありその出力で大きなアドバンテージはあまり期待出来ないのでその他の面で技術を費やしますが、空力の部分にかなりの技術が費やされています。ただ空気抵抗を減らすだけでは無く、ダウンフォースと呼ばれる下に向く力を車体にかける事で走行安定性を得ると共に駆動輪にトルクをかけより大きいパワーを地面に伝えるもので、前後のウィングでその力を得るのです。大きさや形状の違いこそはあれ、市販車のリアスポイラーもデザインだけでは無く空力によった走行性能のアップに一役買っています。

最近の投稿