車両保険の免責って?

| 未分類 |

車両保険の免責金額とは、保険会社から見たときに保険金の支払いを免除できる範囲のことです。つまり言い換えれば、車両保険を使った補償が必要な時に契約者が自己負担する金額ということになります。
例えば自己負担額を10万円に設定していれば、事故により車両保険を使う際の10万円分を自ら負担しなくてはなりません。修理代が30万円かかる場合、うち10万円分の修理代は自身で出して、残り20万円の修理代は保険会社に負担してもらうというシステムです。
もちろん自己負担は一切したくないという場合には負担額0円で契約しても構わないのですが、その場合は車両保険の保険料に響いてくることになります。また、自動車同士の事故なら過失に応じて相手の自動車保険からも修理代が負担されるため、それを踏まえて自己負担額をいくらかでも設定しておいた方がコストパフォーマンスの面からみてもいいでしょう。
そうは言っても負担は痛いな・・・と感じる人もいるでしょうが、実は修理代によっては保険を使うよりも自己負担したほうがお得になるケースもあるんです。というのも、車両保険を使ってしまうと3等級ダウンするため、翌年の保険料が割高になってしまいます。よって車両保険は状況に応じて使うのが好ましいとされます。

最近の投稿