車両保険とは、事故によって車両が損傷したときに、その修理費用などを補償することをメインの目的とした自動車保険の一類型をいいます。事故で相手側の車両を損傷させたときには、対物賠償保険をもって補償することになりますが、車両保険は逆に契約者側の車両のほうが補償の対象となっていることが特徴です。
この保険に加入することによるメリットはいくつかありますが、大きなものとしては、契約者側が事故の被害者である場合に、保険金の上限額が設定されていたなどの理由で加害者である相手側の保険から十分な補償が受けられないときにも、この保険から不足分の補償を受けられるということが挙げられます。
そのほか、相手が存在する事故ばかりではなく、自ら電柱に激突したなどの自損事故による車両の損傷や、あるいは子供のいたずらや台風による落下物によって車両が損傷を受けた場合などについても幅広く適用されます。保険金を請求する先がわからない当て逃げ事故の場合についても、この保険の適用対象となりますので便利です。
デメリットとしては、保険料が高額になることが挙げられますが、これは免責金額としてある一定の金額までの損傷は自己負担とするなどの契約内容を盛り込むことによって低く抑えることが可能です。

最近の投稿