自動車を走行させる際には、走らせている道路の真ん中から左側の部分を通行するのが原則となっており、中央線がある場合には、中央線から左側の部分を走らせることになります。しかしながら、中には、その左側通行ができない場合や右側にはみ出してもいい例外の場面が出てきます。

例えば、走行している道路が一方通行の道路であった場合や、歩行者や自転車、駐車している車の存在などで左側の幅が十分に確保されていない場合、道路工事が行われている関係で、左側部分だけでは通行するのに十分な車幅が ない場合、坂が急な道路の曲がり角などで右側通行の標示があるときや、道路の左側の幅が6メートル未満である見通しの良い道路において、他の車を追い越そうとしようとするとき、車両通行帯のない道路での走行の場合などは 左側通行でなくてもよしとされています。しかしながら、そういった場合でもできるだけ左側通行を心がけることが求められ、必要なとき以外は右側ギリギリを走るようなことをしてはいけません。当然のことながら、自転車でも左側通行が原則となります。なので、自転車の場合でもこれらのことを遵守し、走行させる義務があり、右側通行などはもってのほかです。

最近の投稿