バイオエタノール燃料が話題です。車はガソリン、ディーゼル燃料で動くのですが、ディーゼル燃料はシリンダー内で圧縮させることで着火させます。そのため、ディーゼル燃料としてエタノールなども利用できます。ただし、そのまま使うのではなく、軽油に混ぜて利用することが多いようです。純粋なエタノール燃料として利用する場合も増えています。例えば、廃油として捨てられる食用油を精製して使う燃料も増えてきています。また、最初から燃料用にとうもろこしなどを生産する国も増えています。ただし、食物から油を取る場合、食料として生産する畑を転用する農家も増えてきており、食料品として出荷されるとうもろこしなどの値段が上がってきているので問題となっています。現在は燃料用として販売される方が高い事が多いです。それはバイオ燃料はCO2の排出量を少なく計算できるためと言われており、国が補助を出してバイオ燃料の比率をあげようとしているからとも言われています。CO2の排出量は地球規模で考えなくてはならない問題ですが、食糧不足も懸念されてきており、また、昨今の異常気象で食料自給率が下がってくることもかんがられており、バイオ燃料の扱いはバランスの取り方がとても難しいと言われています

最近の投稿