自動車事故による相手への賠償は、自動車保険に加入している被保険者自らが保険会社に連絡を取って手続きをしてもらい、被害者へ賠償するというのが基本的な流れです。これを加害者請求と言います。
しかし、加害者が自動車保険に加入していなかった場合は被害者は補償されないということになってしまいます。これでは自動車保険の本来の目的である被害者救済は達成できません。
そこでこういったケースでは、被害者が自ら直接保険会社に連絡をとって補償してもらうことができる制度があるのです。これを被害者請求と言います。
これを行うと、加害者を通さなくても自賠責保険の範囲内で補償を受けられるようになります。その範囲とは、怪我の場合は120万円まで、後遺症が残った場合は4000万円まで、死亡した場合は3000万円までとなっています。
また、保険金を受け取る前に治療やら何やらでお金がかかる場合もありますが、このお金がないという場合でも当面の治療費や生活費などを補うための仮渡金を受け取ることができるので安心です。
自分が怪我をし、加害者が誠実な対応をしてくれない場合は早急に自身で対応しましょう。請求方法など詳しくは保険会社で訪ねてみてください。

最近の投稿