あなたは自動車保険に加入されていますか。既に日本では一家に一台の車を持つ時代となりその結果、交通渋滞や交通事故を引き起こす原因にもなっていると言われています。そのため、もはや自動車保険は自賠責保険と同様に任意で加入するのが半ば必然、常識となっています。ドライバー自身にとっても、もしも人身事故を引き起こした場合、その事故対応に追われることを考えると任意保険へ加入した方が得策であると言えます。まず自動車事故を起こした場合、それが物損であっても、人身であっても補償をしなければなりません。物損の場合は金額の問題で済むことが大変ですが、人身の場合は被害者の治療や今後の影響などを総合的に考慮して補償をしていかなければなりません。もしも被害者が死亡するようなことがあれば、行政処分に加えて刑事処分も必要となり、交通刑務所に送られます。それと同時に遺族に対する損害賠償や慰謝料も必要になるため、費用面の補償だけでも大変な負担となります。たとえ示談で済む問題であっても加害者が被害者と直接示談交渉をするのは大変難しく、感情論、損得論が交錯し上手く行かないことが多いです。そのため保険会社の示談交渉サービスを利用することをお勧めします。

最近の投稿