道路をみなさんが車を運転しながら通行する際に、一体何処を走るのでしょうか。道路の中でも車が走る場所は法律でも決められていますので、それをドライバーはしっかりと意識しながら走行位置を取っていかなければなりません。もしも、走行位置が上手く取れていない場合は、対向してくる車とぶつかってしまうケースに発展してしまいます。そうなってはいけないので、道路のどちらか片側に寄って通行をするルールが決められています。これは全世界共通のルールとなっていますが、日本の場合は左側を通行するルールになっています。海外の中には道路の右側を通行する国もありますが、考え方の根本は同じで、危険を防止しながら円滑な交通の流れを作る事が目的となっています。そのような中で、もしも通行している側が道路工事などによって通行できない場合も多く出てきます。そのような時には、一般的にもよくされている行動として、それらを避けていく行為を多くのドライバーがしていますが、これも道路交通法の中でしっかりと認められています。但し、避けていく場合は対向車との接触を防止する意味で、できるだけはみ出す量を少なくしなければなりません。これがドライバーに求められる配慮となります。

最近の投稿